子供の成長に合わせて|ひな祭りは女の子の為の行事|幸せを願って楽しもう

ひな祭りは女の子の為の行事|幸せを願って楽しもう

子供の成長に合わせて

兜

どちらの両親が購入するか

生まれた子供が男の子の場合は、端午の節句の時に五月人形が必要となってきます。関東と関西でもそのような成長を願う端午の節句という行事はあります。そして、五月人形をこれから購入する時の注意点は、まずどちらの両親が購入するのが良いかという事です。厳密な取り決めはありませんが、一般的には関東なら父方のご両親が購入し、関西なら母方のご両親が購入します。地方の慣習や住んでいる地域によっても違ってきますので注意です。ただ、基本的には父親や母親が購入するのではなく、両親が購入するケースが多くなっています。また、一緒に鯉のぼりを購入したいという方は、購入するときに名入れサービスが使えるか確認するのもポイントです。

人形の使われ方の特徴

五月人形は5月5日のこどもの日、端午の節句の時に使われるのが特徴です。古くは江戸時代から続く風習で、武家を中心に行われてきた歴史があります。男の子は端午の節句、女の子はひなまつりという具合に、性別によりその成長を祝う日と内容が違います。また、端午の節句の時には五月人形の他に鎧兜の飾りを飾ります。武家社会に関係するイベントですので、強い男の子の象徴やシンボルとして兜や鎧なども使われます。職人が一点ずつ制作する高級品も販売されていて、高いものは数十万円から百万円ほどするものもあります。鎧兜は身を守るもので、子供の無病息災を祈願するという意味あいもそこには込められています。そして、端午の節句の時にはそのような五月人形を自宅に設置するだけでなく、菖蒲湯や柏餅などを召し上がるのが特徴です。